人気ブログランキングへ
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ケースブック憲法解答第3節設問14まで
 第3節 国家と宗教
設問1
(1)
多数の宗教に対し、信教の自由の保障を及ぼしうる点で相当だと思う
(2)
思想に宗教的価値が付加されれば信教の自由であると考えれば、区別可能だと思う。

設問2〜5未検討

設問6
いずれとも解しうると思う。
これは、表現の自由の規制に関する内容規制、内容中立規制にも同様に当てはまる議論。

設問7
●判例1
信教の自由も外部的行為にわたる限り、公共の福祉による制約を受ける、とした。具体的には行為が著しく反社会的といえる場合には信教の自由も制約される。
なお本件は個人適法益に対する侵害であると思う。また、信教の自由に中立的な規制であると思う。

●判例2
「正当な業務行為」であれば違法性が阻却されるとした。具体的には、宗教上の業務の範囲内であり、かつ、かかる業務が社会通念上相当なものであれば、公共の福祉による制約は認められないとした。
なお、本件は国家適法益に対する侵害であると思う。また、信教の自由に中立的な規制であると思う。

判例3
本判例は、週居法人の解散に伴う「なんら間の不利益」が生じることを認め、かかる構成員の信教の自由への配慮を要するとしつつも、_鮖玉仁畧度の目的の世俗性、合理性解散の必要性6誼弔よび信者の宗教的行為に生じる支障の軽微性ぜ蠡海の適正などを理由に挙げ、解散命令を適法とした。
なお、本件は個人適法益にたいする侵害であると考える。また、特定宗教に対する意図的な介入である。

*個人適法益に対する侵害・特定の宗教に対する意図的な介入は厳格に審査される。
cf百選P85、ロープラクティスP37)

設問8 未検討

設問9
これは問題文が微妙です。ロープラクティス37ページの(d)のことを言っているんだと思います。
別の解釈として、信教の自由だから制約するという話であれば、そもそも、信教の自由が公共の福祉に服するのはあくまでその外部的事項に着目した規制のみに限られるはずである。故にそもそも制約可能性が無いのではないかと考える。この点で信教の銃は表現の自由より厳しい判断基準となるのではないか。

設問10
判例はあくまで外部的事項の秩序を取り締まる。国民の内心の秩序を維持することは要求されない。

政教分離

設問11
20条3項の宗教的活動とは、その目的が宗教的意義を持ち、その効果が宗教に対する援助・助長・促進または、圧迫・干渉になるような行為を言うとする考えだと思う

設問12
(1)私見は反対。この点、寺社等への補助、宗教学校への補助金等の例を挙げて、国家と宗教との係わり合いは不可避であるとして、かかる見解を肯定する見解もある。
しかし、これらは文化財保護、文教政策といった観点からなされるものであり、これをもって直ちに政治と宗教がむすびついたとは言えないとおもう。
(2)現実問題として、消極国家だから完全な分離が可能ということにはならないとおもう。この点、判例は福祉国家であることのみを理由としてあげている点で妥当でないと思う。

設問13
宗教的に中立的な規制の場合説明可能であると思う
しかし、宗教的活動ゆえの規制については当てはまらないと思う

設問14
不可分である以上、ある程度緩やかに解さざるを得ないと思う

author:, category:ケースブック憲法解答, 02:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:33
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://tiba-children.jugem.jp/trackback/251