人気ブログランキングへ
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
違法性の錯誤

1.違法性の錯誤の要否については
”塒彑
厳格故意説
制限故意説
だ嫻だ癲漫複繊妨軍弊嫻だ癲複臓棒限責任説〕に分かれる
2.38条3項の法律の解釈については
(1)刑罰法規とする説(上の↓い自然)
(2)違法性とする説(上の,自然)に分かれる。
3.違法性を知らなかったことにつき、故意が阻却されるための基準
判例は「相当の理由」「特段の事情」の有無により判断している
4.事実の錯誤と違法性の錯誤の区別基準は
事実の認識の誤りか、評価の誤りかにより区別すべき

author:, category:刑法, 05:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:19
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://tiba-children.jugem.jp/trackback/223