人気ブログランキングへ
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
憲法の答案構成の作法

このカテゴリーでは新司法試験の答案構成の仕方についてまとめて行きたいと思います。

まず一番出題傾向が固まっている憲法から。

1.問題文の読み方
仝狭X緑色ペン⇒国赤色ペンで色分けしながら問題文読む
△修虜檗¬簑衒乎罎忙箸┐修Δ併実は☆マークをつけておく。
その上で
(1)誰の(2)どのような人権が(3)制限されているかを分析する。

2.審査基準
)[甍齋
(1)文面審査(94条・41条・31条・21条)
(2)目的手段審査(厳格な基準)
適用違憲(比例原則)

3.国の反論(緩やかな基準)
4.私見(真ん中)

あとは、自分の規範に使える事実を当てはめるだけです。
構成の段階で☆マークの右下に「あ〜」「ア〜」「A〜」「a〜」と書き込み、それぞれの当事者に有利な事情にグループ分けてしておくと良いです。


今のところこんな感じです。

author:, category:論文の書き方, 00:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark