人気ブログランキングへ
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
TAC論文アプローチ答練 分析編 行政法 第1回
自己採点43点

〈悪かった点〉
1原告適格のあてはめが規範に対応していない。2違法事由のあてはめをやっていない。3執行停止の要件の検討を全部検討出来ていない

1は理解不足。今日中に理解不足な点を基本書でカバーします。2は問題文の読み違いと時間不足。また読み違いに関しても原告適格のあてはめと被る気がして違法事由の検討は不要と勝手に判断してしまったので、やはり正確に1
が理解出来ていないのが原因だと思います。3については、時間不足が原因。書くスピードを上げなければなりません。

〈良かった点〉
1字を綺麗に書けた2あてはめも自分なりに評価出来た。3利益の帰属主体の問題点につき、22条を挙げるなと、自分なりに考える事が出来た。

1は前回の反省を踏まえました。2は原告適格の所も含め、それなりによく出来ました。3については本問は判例知識を問う問題でしたので、22条は配点に含まれていませんが、十分評価の対象に含めて良いと思います。

〈反省〉

大きな枠は外してませんが、時間不足で後半部分の検討が不十分になってしまいました。後半部分は比較的配点が大きいため、以後時間配分に気をつけたいと思います。
author:, category:TAC模試成績, 22:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
論文アプローチ答練分析編 公法系憲法 第二回
自己採点45点

悪かった点
1部分社会論の論点を外した事2議院の自立権を考慮にいれなかった事3構成に時間をかけ過ぎた事

1については、憲法訴訟上の論点として思考パターンに組み込んでおく事。2については議院と来たら直ぐに頭によぎるようにしておく事。3については、前回の反省を活かして慎重に答案構成を行った結果、逆に仇となりました。外さないようにする事はいい事なので、それは慎重に引き続き意識したいと思います。ただ、当てはめまで構成用紙にメモしても、ぼうせその通りに答案上に再現する余裕は無いので、当てはめは問題文にメモする程度に留めるたいと思います

良かった点
1資料を活かして当てはめを書けた事。

反省
今日は割と素直な問題でしたが、色々考え過ぎて裏目に出た感じでした。具体的には、A公務の公正の要求、B積極的差別是正措置、C適性手続違反を論じてしまいました。
ただ、ABは審査基準を修正するのに使える考慮要素だと、今でも思うのですが駄目なのでしょうか?参考答案では論じられていませんでしたが。Cについても、委員会の6/7が与党に支配されてるとか、他方で4/30しか野党は議席ないから当然だとか色々考えたのですが、あれらの事情はどう使えるのでしょうか。いまでも分かりません。どなたが気軽にで良いのでコメントください。

まあ、それ以前に、僕は部分社会論等を落としているので、これを外さないようにする事を気をつけたいと思います。
author:, category:TAC模試成績, 21:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
公法系憲法第1回
今日からTACの論文アプローチ答練の結果を載せて行きたいと思います。

自己採点43点。添削○点。
〈敗因分析〉
?人権選択を22条を14条と間違えた。?第三者の人権の主張適格を外した事?時間不足で適用違憲の規範定立できなかった事。
?を改善するには、憲法では特に問題となる人権の選択を慎重に行う事を心がける。?も同様に第三者の人権侵害の検討も慎重に行う。?は一応8枚は書けたので今まで通りで良い。丁寧かつ早く書く。
〈よかった事〉?問題文の事情を大体適用違憲、法令違憲で把握できた事。?8枚書けた事。?資料を使って94条の適合性認定できた事。?明確性の対立点の立て方良かった
〈反省〉
14条は具体的人権を論じた後にだけ論じる。
94条の規範正確に。趣旨目的の比較対象のあてはめ要研究。
答案の構成要検討

多論点型の問題でした。時間管理をさらに徹底したいと思います。あと大枠を外さないよう、憲法は特に気をつけたいと思います
author:, category:TAC模試成績, 22:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark