人気ブログランキングへ
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
判例百選(民法)
 今日読んだ判例をメモします。
数字を()でくくっているのは解説読んでいないもの

27.転々流通することを常態とするハックし委任状で無い以上、表見代理は成立しない
(32)109条と110条の重畳適用
37.他人物売買にも116条の類推適用が認められる
(35.)本人の無権代理人相続
(36.)追認権の不可分性
38.故意の条件成就
39.時効の効果は停止条件説
(43.)自己物の時効取得
(65.)162条の占有を開始したときとは、第一占有者の占有開始時を意味する
(11.)一筆の土地の時効取得
(51.)取り消しと登記
(61.)動産の受寄者は正当な利益を有しない
53.遺産分割と登記は対抗問題と押して処理される
(54.)共同相続と登記は無権利の法理によって処理
53.遺産分割と登記は対抗関係として処理
(55.)不法占拠者は177条の第三者には当たらない
(57.)背信的悪意者からの譲受人
47.不動産の所有者が自らその所有権を喪失させたにも関わらず、その登記を保有する場合、その喪失を第三者に主張することは、あたかも対抗関係類似の状況にあり、冬季の抹消をしなければ対抗できない。
(59.)中間省略登記
(66.)占有改定による即時取得は認められない
67.194条の占有者に使用収益権有り∧儡晃紊睚杤請求可能
69.いぎょうち通行権も特定承継の対象となる
74.共有者の占有を他の共犯者の持分を侵害することを理由に排除することは出来ない
author:, category:民法, 06:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark