人気ブログランキングへ
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
契約まとめ

このカテゴリでは内田民法供並茖家如砲硫鯑匹鬚靴討い海Δ隼廚い泙后
来年の今頃には基礎知識を完璧にしておきたいですね。
P11〜74まで
1.契約の成立
(1)契約→債権の発生原因の一つである。
(2)契約→法的拘束力が認められることに社会的意義がある。
(3)拘束力の認められる根拠→意思主義(例外として自然債務、約款社会類型的行為)
2.契約のプロセス段階
(1)契約交渉の不当破棄→契約責任が生じうる
(2)契約締結上の過失→契約責任が生じうる
(3)情報提供義務→”堝飴梱▲侫薀鵐船礇ぅ梱E蟲〃戚鵑僕弋瓩気譴
(4)助言義務→‐霾麥未虜広⊃頼の有無により要否が判断される
3.契約の成立条件
(1)申込みと承諾→完全な一致が必要
(2)申し込みと承諾が食い違う例
 (ア)書式の戦い
 (イ)隔地者間の契約
 (ウ)競売
 (エ)交叉申し込み
 (オ)懸賞広告
4.契約存続中
(1)契約の有効要件→ー存讐椎柔確定性E法性が必要
(2)契約の拘束力の内容→仝充妥履行の強制損害賠償の請求2鮟
(3)三つのけん連関係→仝胸賄不能同時履行の抗弁権4躙栄蘆
5.成立上のけん連性(原始的不能)
6.履行上のけん連性(同時履行の抗弁権)
(1)要件→^豸弔料侈碍戚鵑亡陲鼎こと⇒行期I堙な請求
(2)同時履行の抗弁権の効果→|拌擇寮嫻い生じない引き換え給付判決
(3)行使方法→権利抗弁説
7.存続上のけん連性(危険負担)
(1)債務者有責
(2)両当事者無責
(3)債権者有責
(4)原始的不能の場合
 (ア)債務者有責
 (イ)両当事者無責
 (ウ)債権者有責

author:, category:内田民法恐鯑, 05:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark